​久留女木の棚田
About KURUMEKI NO TANADA
​久留女木(くるめき)の棚田は、浜松市北区引佐町の東久留女木と西久留女木にまたがる、観音山の南西斜面(標高250m付近)に展開しています。総面積は7.7ha、その中に約800枚の田んぼがあるといわれ、その美しい景観は「日本の棚田百選」や「静岡県景観賞」にも選ばれています。 棚田の起源は平安時代とも言われていますが、戦国時代(井伊直虎の祖父、曾祖父の時代)に、井伊家の庇護を得て開墾が進んだと考えられており、現在も、井伊家の家臣の末裔が、棚田を耕し続けています。 また、久留女木を流れる都田川には、竜宮に通じるといわれる深い淵があり、その淵から子どもが現れて村人の農作業を手伝ったという「竜宮小僧の伝説」が語り継がれています。棚田の最上部には「竜宮小僧」と呼ばれる湧水があり、今も棚田を潤す水源となっています。
SHIZUOKA
INASA, HAMAMATSU
01 田おこし

01 田おこし

02 田植えの頃

02 田植えの頃

03 夏台風

03 夏台風

04 草刈り

04 草刈り

05 実り

05 実り

06 初雪

06 初雪

07 大寒の頃

07 大寒の頃

Title
『夫婦椎』
Photography by Kazunori Suzuki
棚田の一角に二本の椎木が、まるで夫婦のように寄り添っています。その夫婦椎が見まもる棚田の風景を、季節を追ってご紹介しています。

棚田MAP

赤いラインは舗装路です。

舗装路以外(あぜ道)には

絶対に立ち入らないでください。